人気No.1!   今なら初回の無料登録で30ドルボーナスがもらえます!                                 ライブゲームが充実!VIP待遇もあり!                                 世界のロト(宝くじ)に挑戦!                

日本 オンラインカジノプレイヤーの不起訴確定

2016年の3月には、

初めて日本国内で摘発された

オンラインカジノプレイヤーの

不起訴が確定しました。

 

摘発された3名のうち、

2名はもう裁判では争わず

罰金を払うことを選択していましたが、

1名の方は

「日本の法律にのっとっていない」と

主張を続けました。

 

その後、

最終的に不起訴が成立となりました。

 

検察が裁判を起こしても

勝てないと判断した時など、

不起訴処分になります。

 

日本の賭博罪や

オンラインカジノの法律性について

詳しくはこちら

不起訴成立(犯罪と認められないこと)

今回のオンラインカジノの件で

不起訴が成立した理由として、

弁護士の見解では主に

 

・日本の賭博罪の法律は、

主に運営側を罰するためのものである。

 

・運営側が有罪とされる捜査に関連して

プレイヤー側も罪を問われる。

 

・海外でライセンスを取得し、運営している

オンラインカジノ自体は合法なので、

罰するには値しない。

 

といった事柄が挙げられました。

 

つまり、運営側が違法でなければ

プレイヤー側は罪を問われないということです。

 

今回の件では

オンラインカジノをプレイしたと

プレイヤー自身が認めていますが、

検察は起訴には至りませんでした。

 

この一件は、

今まであまり語られてこなかった

グレーゾーン的な問題でしたが

不起訴の実例が出たということで、

オンラインカジノの日本市場においても

大きな進展となりました。

 

カジノ法案も成立され、

今後の日本の

オンラインカジノと法律の関係、

そしてリアルなランドカジノについても

どんどん変わっていくかと思われます。

 

当サイト、オンラインカジノ必勝.jpでは

カジノに関するニュースや

法律の動きなど、

これからもお伝えしていきたいと思います。

ボーナスがキャッシュでもらえるサイトはココだけ!                               信頼のウィリアムヒル★カジノにポーカー、スポーツベッティングも!                                   初心者から上級者まで!リアルマネーのオンライン麻雀