人気No.1!   今なら初回の無料登録で30ドルボーナスがもらえます!                                 ライブゲームが充実!VIP待遇もあり!                                 世界のロト(宝くじ)に挑戦!                

ビットコイン分裂で誕生した「ビットコインキャッシュ」について

8月1日のビットコインの分岐により、

新たな仮想通貨である

「ビットコインキャッシュ」

(BCC)が誕生しました。

 

ビットコインキャッシュは、

元々はビットコインの

処理速度の問題などで意見が分かれ、

通貨が分離(フォーク)して誕生しました。

 

BCC(ビットコインキャッシュ)とは?

ビットコインキャッシュ(BCC)とは、

世界最大の仮想通貨である

ビットコインの企画に反対する、

中国に拠点を置くグループにより

生み出された仮想通貨です。

 

ビットコインの採掘(マイニング)の

約7割は中国で行われており、

発行権など中央銀行の存在がないとされる

ビットコインにも、

利権は大きく係っているようです。

 

ビットコインとは

全く異なる仮想通貨であり、

「アルトコイン」と呼ばれる仮想通貨の1つです。

 

ちなみに、アルトコイン(altcoin)とは

alternative coinの略で、

「代わりのコイン」という意味になります。

 

一般的には

ビットコイン以外の仮想通貨を指し、

その種類は1000を超えると言われています。

ビットコインの分裂後はどうなる?

BCCは世の中に出回っている

ビットコインと同じ数量が

生まれる仕組みとなっており、

BCCを取り扱うと

表明している取扱所では、

分裂以前の顧客のビットコイン保有量と

同数量のBCCを配布するとされていました。

 

現在、様々な見方がありますが、

別の仮想通貨の開発運営を手がける

CEOの発言には

「BCCは取引規模拡大の問題を

解決しておらず、

短命に終わる可能性もある。」との指摘もあり、

取引の滑り出しは低調なようです。

 

以前、別の仮想通貨である

「イーサリアム」でフォークした

「イーサリアムクラシック」では、

非中央集権であるという思想に

多くのユーザーから支持を得たため、

上場後に価格の高騰が見られました。

 

ビットコインキャッシュの場合は、

コミュニティの支持が

そこまで大きいのか不明であり、

問題点も多くあるため、

仕手による買い上げ以外では

価格の高騰は難しいとの見方が強いです。

 

先のことはわかりませんが。。

 

仮想通貨そのものが

時代にテストされている状態なので、

これからも注目して行きたいですね。

ボーナスがキャッシュでもらえるサイトはココだけ!                               信頼のウィリアムヒル★カジノにポーカー、スポーツベッティングも!                                   初心者から上級者まで!リアルマネーのオンライン麻雀