エンパイアカジノ  VIPあり!高額リベートボーナスあり!ライブゲームが豊富な人気カジノ                   ウィリアムヒルカジノ  スポーツベッティングにオンラインポーカーも楽しめる!超大型カジノ              

KKPokerで遊べるゲームの種類とは?

KKPokerの公式ページはこちら

 

KKPokerとは?安全性や登録・入出金方法など使い方まとめ

 

NLH(ノーリミットホールデム)

NLHとは、ノーリミットホールデムの

キャッシュゲームです。

 

通常のカジノのように、

1つのテーブルでプレイするNLHと、

自分のハンドが終了する度に

自動的に別のテーブルに飛ばされる

FLASH-NLHの2種類に分かれています。

 

なのでFLASH-NLHはフォールド後

他人のプレイを待たないので、

かなりスピーディに

次のゲームを始められます。

 

NLH、FLASH-NHL共に

・Blinds:0.01/0.02 $0.4-2〜あるので、

最小額は$0.4からプレイできます。

 

ほとんどのテーブルはMAX6人で、

2人以上テーブルに着けば

ゲームがスタートします。

 

ポーカー(テキサスホールデム)のルールとは?プレイヤー同士で対戦!

New! AOF(ALLIN or FOLD)

AOFはAll in or Foldの略で、

NLHのプリフロップの段階で

選択肢がAll in か Foldの

どちらかしかないルールです。

 

オールインを選ぶと、

オールインをした他のプレイヤーと

ハンドをオープンし、

場に一気に5枚のカードが配られます。

 

勝つか負けるかといった意味では

2択なので、すぐに勝敗が決まり

バカラのようでもあります。

 

かなりギャンブル性が高くなりますね。

6+NLH

6+形式は、別名ショートデッキと呼ばれ

6以下(2,3,4,5を除いた)

36枚のデッキでプレイする、

ノーリミットホールデムの

キャッシュゲームです。

 

ルールはほとんどNLHと変わりませんが、

いくつか違うところがあります。

 

まず1つは、ハンドの強さが

「フラッシュがフルハウスより強い」とされます。

 

なので、強さの順番は

1.ロイヤルフラッシュ

2.ストレートフラッシュ

3.フォーカード(クワッズ)

4.フラッシュ

5.フルハウス

6.ストレート

7.スリーカード(トリップス)

8.ツーペア

9.ペア

10ハイカード となります。

 

また、ストレートの時に

Aはエースとして、

もしくは5としてカウントされるので、

1番弱いストレートはA6789となります。

 

最後に、ブラインドにも違いがあります。

 

NLHではBlinds:◯◯/◯◯となっていて、

スモールブラインドと

ビッグブラインドがありますが、

6+NLHのテーブルでは

アンティ:◯◯と表示されています。

 

6+NLHでは、

まずこのアンティを全員が払い

ポットに全て貯まります。

 

その上で自動で選ばれた

ディーラー(BTN)のポジションが、

アンティ額をベットした状態でスタートします。

 

NLHで言うと、BTNがBBで

他全員がSBみたいな感じですね。

 

あとはNLHと同じように進行します。

PLO(ポットリミットオマハ)

PLOとはポットリミットオマハです。

 

オマハポーカーは

テキサスホールデムから派生したもので、

ざっくり言うと

自分のプリフロップ(最初の2枚)のカードが

オマハでは4枚(or 5枚)になります。

 

最初に配られる自分のカードを

ホールカードと言い、

テーブルによって4枚ルールか

5枚ルールに分かれています。

 

役の強さも

テキサスホールデムと同じで、

「選択肢が増えて楽になる」と思うかもしれません。

 

しかし、ここで1番重要なルールが

必ずホールカードの2枚と

コミュニティカードの3枚を組み合わせた

5枚で役を作らなければいけないということです。

 

例えば、ボード : ♡A/♡10/♡8/♡2/♢J で

プレイヤーA : ♡J/♢8/♢5/♧4 だった場合、

役は何になるでしょうか?

 

正解は、♢J/♡J/♡8/♢8/♡A のツーペアで

フラッシュにはなりません。

 

また、ボード : ♡A/♡10/♡8/♡2/♢J

プレイヤーB : ♤8/♧8/♢5/♤2 ではどうでしょう?

 

フルハウスになったかと思いますが

それは錯覚で、(笑)

♤8/♧8/♡8/♡A/♢J のトリップスです。

 

結果、プレイヤーBの勝ちです。

ポットリミットルールについて

そして、オマハポーカーにも

・ノーリミット

・固定リミット

・ポットリミット

という3種類のゲームがあります。

 

ノーリミットはNLHと同じ様に

手持ちチップ全てをいつでもベットでき、

固定リミットはゲームやラウンド毎に

限度額が決められています。

 

KKPokerにあるのは

ポットリミットオマハで、

オマハではポットリミットが1番人気です。

 

ポットリミットゲームのベッド額

最小がビッグブラインドと同額、

最大でポットサイズと同額となります。

 

最小レイズ額は

ラウンド毎の最終ベットorレイズと同額、

最大レイズは

【ポットサイズレイズ=ポットサイズ+2×コール額】 となります。

 

10ドルのポットに

3ドルのベットがあった場合、

最大レイズ額は10+2×3=16ドルとなります。

 

自分のターンの前に

ポットが13ドルになっている 、

+前の人の3ドルベットに対しての

コール分=16ドル

と考えると分かりやすいかもしれません。

 

まあ、オンラインなら

ベットできる金額しか表示されないので、

分かりやすいですが。。

 

リアルだと計算が大変そうですね。

リレイズもあるので。

 

そう、ポットリミットオマハには

ベット額に制限はあるものの、

レイズの回数には

制限が無いのが一般的なので、

リレイズを打ち合って

オールインになることはあります。

OFC(オープン・フェイス・チャイニーズポーカー)

KKPokerのOFC

(オープンフェイスチャイニーズポーカー)は、

レギュラーモードの他に

プログレッシブ、アルティメット、

ジョーカー、17カードファンタジーがあります。

 

2〜3人でプレイし、

ハンドの強さはNHLと同様です。

 

プレイヤーは

13枚のカードを3段に、

トップ(フロント):3枚

ミドル:5枚

ボトム:5枚 と置きます。

 

 

ゲームを始める前に、各プレイヤーは

他のポーカーと同じように

自分の点数(チップ)を持っていて、

アクションはUTGから、

ランダムに選ばれたBTNが最後です。

 

ゲームは5ラウンドあり、

まず最初に5枚配られます。

この5枚のカードは

全て使用しなければいけません。

 

2ラウンド以降は3枚づつ配られるので、

2枚を選択し、合計13枚を並べます。

 

各ラウンドで3枚のうち2枚を選び、

余った1枚は捨てることができます。

 

トップ(上段)は3枚なので

ハイカード、ペア、

スリーカードという役のみ有効となり、

AAAが最強となります。

 

また、役を作るときのルールとして

役の強さが

ボトム≧ミドル、ミドル≧トップとならなければ

ファールとなってしまいます。

 

ファールになると

全てのロイヤリティーは失効し、

全ての段でもハンドを失い

スクープ(全勝した時の祝儀)を

相手に払わなくてはいけなくなります。

 

例えば、

・ボトム:フラッシュ

・ミドル:ストレート

・トップ:ペア はOKですが、

・ボトム:ストレート

・ミドル:フラッシュ

・トップ:ペア だとアウトです。

 

13枚のカードが全てセットされると、

ファウルになったプレイヤーが居なければ

スコア計算し、ハンドの強さによって

ポイントを受け取ります。

スコア計算

点数表はこのようになっています。

 

 

 

これは覚えてしまうといいでしょう。

 

スコアの計算時は、ロイヤリティーと

各段の純獲得、損失額を含む

スコアを計算します。

 

そして、全スコアとスクープボーナスを合わせて

合計ポイントを出し、

プレイヤーの利益=合計ポイント×ブラインドとなります。

 

合計ポイント=各段のスコア+ロイヤリティー差異+スクープボーナス

 

各段の勝者は1点、

3段全勝の場合は

スクープボーナスという3点が追加され

合計6点獲得できます。

 

ロイヤリティーは

段毎のハンドタイプによって変わります。

 

UTG(BTNの左側)は

左側のMPに対してスコアし、

次にBTNにスコアされます。

最後にMPは左側のBTNに対してスコアします。

 

プレイヤーの最高獲得or損失額は

ハンド開始時に入れたストック額となり、

スタックが不足している場合は

配当上限が適用され、上のスコアの順番で

次のプレイヤーと

勝者が差異を埋める場合もあります。

ファンタジーランドとは

トップでQQ以上の役を作ったプレイヤーは、

次のハンドでファンタジーに突入し、

1度に14〜17枚のカードが配られます。

 

その中で13枚を使って

3段に分けられるので、有利になります。

 

また、次の条件を

1つ以上クリアすることで、

ファンタジーを継続することもできます。

 

条件1:トップにトリップス

条件2:ボトムにクワッズかそれ以上

各モードについて

・レギュラーモード

OFCとあり、マークが何もないものです。

 

トップのQQ以上は

全て同じ枚数(14枚)のファンタジーになります。

 

・プログレッシブ

盾のマークが付いています。

 

ファンタジーに突入する際、

トップがQQ=14,

KK=15,

AA=16 を受け取れます。

リファンタジーでは14枚です。

 

・アルティメット

雷⚡️のマークが付いています。

 

リファンタジーで配られる枚数が、

ファンタジー突入時の枚数です。

 

・ジョーカー

ジョーカーアルティメットは

パイナップルのマークが付いています。

 

ジョーカーを2枚足したデッキを使い、

ジョーカーは何にでもなり

1番強い役を作れます。

 

・17カードファンタジー

アルティメットモードで

ジョーカーが付いている場合、

トップがトリップスでファンタジーになると

17枚のカードが配られます。

SpinUp

プレイヤーが3人集まると

ルーレットが回って賞金額が決まり、

1位の人が賞金を総取りできるNLHです。

 

テーブルは参加費が

$0.5/$2/$5/$10/$20 から選べます。

 

$0.5

スタートチップ:1,000

Blinds up:2 min

 

$2

スタートチップ:1,500

Blinds up:3 min

 

$5

スタートチップ:1,500

Blinds up:3 min

 

$10

スタートチップ:1,500

Blinds up:4 min

 

$20

スタートチップ:2,000

Blinds up:4 min

 

なお、ブラインドは

各テーブルそれぞれの時間毎に

上昇していきます。

 

SNG(Sit & Go)

現在ヘッズアップと呼ばれる

1対1のテーブルがあり、

人数に達するとスタートします。

 

勝った方が参加費ダブルアップとなる

ガチンコ対決で、

テーブルは参加費

$0.5/$1/$3/$5/$10/$20 に分かれています。

 

$0.5

スタートチップ:1,000

Blinds up:2 min

 

$1

スタートチップ:1,000

Blinds up:3 min

 

$3

スタートチップ:2,000

Blinds up:3 min

 

$5

スタートチップ:3,000

Blinds up:3 min

 

$10

スタートチップ:3,000

Blinds up:3 min

 

$20

スタートチップ:5,000

Blinds up:3 min

 

ブラインドのターボはSpinUpと同じです。

 

MTT(マルチテーブルトーナメント)

様々なトーナメントが開催されており、

参加費無料で賞金がもらえる

フリーロールトーナメントもここにあります。

 

賞金総額◯◯万円のトーナメントも

頻繁に開催されているので、

腕を磨いて出場してみると

一攫千金が狙えるかもしれません。

 

 

 

KKPokerの公式ページはこちら

 

KKPokerとは?安全性や登録・入出金方法など使い方まとめ

 

ベラジョンカジノ  知名度No.1!今なら無料登録で30ドルボーナスがもらえる!