ライブゲーム「ドラゴンタイガー」とは?稼げる?

オンラインカジノのライブゲームで、

「ドラゴンタイガー」というライブゲームがあります。

 

 

今は、カジノパリスなどでも

プレイできるゲームで、

画面からするとバカラみたいなゲーム?

 

今回はそんな「ドラゴンタイガー」の

ルールを紹介していきます。

ドラゴンタイガーのルール・遊び方

ドラゴンタイガーとは、

ずばり、バカラの簡単バージョンです。

 

別のライブゲームに

「フットボールスタジオ」というゲームがありますが、

ほとんどそれと同じです。笑

 

フットボールスタジオのルール・遊び方はこちら

 

ルールは至ってシンプルで、

カードをドラゴン側とタイガー側に

1枚づつ配り、カードの大きい方を当てるゲームです。

 

 

なお、カードの強さは

1→K(13)の順番となっており

数字の大きさそのままと、これまたシンプルです。

 

当たれば配当は両方2倍で、

引き分けだった場合は半額が戻されます。

 

バカラの場合は、引き分けでも全額戻ってきますが

バンカーで勝つと1.95倍ですよね。

 

また、タイ(引き分け)で当たれば

カジノパリスのドラゴンタイガーでは11倍、

スーテッドタイ(柄の同じ引き分け)は

50倍となっています。

 

他のカジノのドラゴンタイガーでは、

ルーレットのような奇数or偶数や

スモールorビッグ(A〜6,8〜K)のような

賭け方もできるテーブルもあります。

 

ちなみに、この記事を書いている今も

スクショのためにちょっと見てみたら

タイガーの方でかなり連続していたので、

 

 

タイガーに連続して賭けて

50ドル→90ドルと、

1分で+40ドルになりました。笑

 

 

とまあ、ドラゴンタイガーのルールを紹介してみましたが、

とてもシンプルなルールで、バカラに似ていて、

フットボールスタジオとほぼ同じということでした。

 

フットボールスタジオとの違いは

カードの強さの順番と、

スーテッドタイがあるということだけですかね。

 

現場からは以上です。